読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テニプリフェスタ

テニプリが好きだ。

 

リアルタイムでアニメを見ていた小学生時代、母親に頼んで単行本を買ってもらい、母親と兄と一緒に読んでは、次の試合勝つのかな、負けるのかな、などとハラハラしていた。

当時の私は菊丸というキャラクターが好きだった。主人公越前リョーマの所属する青春学園中等部の3年生で、リョーマの先輩だ。跳ねた髪が可愛いし、語尾に「にゃ」とかつける(アニメでは特に)あざと可愛い元気なムードメーカーだ。アクロバットなプレイスタイルに運動音痴の私は惹かれたし、ダブルスパートナーの大石との関係性とか、裏で努力しているところとか、そういうところに好感を覚えたんだと思う。

テニプリの虜になった私は、小学校に青学の缶ペンケースを持って行っていた。クラスメイトにテニプリじゃん!誰好きなの?面白いよね!と声をかけられて嬉しかったのを覚えている。

 

余談だけれど、アニメのEDだったWonderful Daysがすごい好きだった。多分一番聞きこんだキャラソンだったと思う。キャラソンって概念を知らなかった小学生時代、キャラクターが歌ってるの!? すごい! 画期的!! ってびっくりした記憶がある。

 

けれども、アニメが終わって(見なくなったのかもしれない)からは徐々にテニプリから離れて行った。青学の缶ペンケースも封印した。アニメのグッズとか恥ずかしいって周りの子が言うようになったからだと思う。アニメから離れる時期が来たんだろう。

 

兄が少年ジャンプを毎週買うようになり、毎週テニプリを読むようになった。テニプリの熱は冷めつつあったけれど毎週読んでいたし、単行本も相変わらず買い集めてた。超絶凄技テニヌが繰り広げられていようと相変わらず面白いなって読んでいた。

 

転機が来たのは確か中学生の頃だったと思う。何となく家にあった単行本を1巻から読み直して、夢中になって読んだ。そのとき、私はきのこ頭の男の子にビビビッときたのだ。

試合が終わって泣いている姿に。

氷帝学園の、日吉若。

最後の試合で、リョーマに敗れてしまった男の子。

あんなに生意気そうだった男の子なのに試合が終わってみれば泣いているんだよ可愛くないか????

色々重圧とかあったんだろうな。時期部長候補とか、ここで負けたら終わりとか、そういう風に考えてたら日吉のことが気になり始めた。

小学生の時夢中になっていたのに私は青学ばかり見ていて、日吉のことは正直初めて見たような気持ちだった。私はコミックスを読んで読んで読んで日吉のことを探して――

あっという間に氷帝ファンになっていったのであった。

宍戸の髪を切るシーンなんかは作中でも屈指の名シーンだと思うし、跡部と手塚の試合、小学生の頃は跡部嫌いって思ってたけど、跡部だって勝つためにやったんだろうなって思ったりして。とにかくヒールキャラとしか見ていなかった氷帝軍団がみんなかっこよく見えた。好意的に見えた。好きになった。そして何より、日吉が好きだった。

 

中学に上がってからは、不思議とテニプリ好きと友達になる機会が増えて行った。友人なんか、立海推しを真似されたとかなんとかで部活の友達と大喧嘩していた。テニプリ好きの友達を介して、この子もテニプリ好きなんだよなんて友達を紹介されたりして、友人の輪が広がった。日吉好きもどんどん加速していって、当時日吉はあまり人気がなかったのか供給も少なくて悶々としていた。なぜかニコニコ動画でやたら日吉がフューチャーされていて(テニミュの空耳の影響かな?)ニコニコ動画にはまったのもその時だったと思う。

 

私の日吉最推し氷帝クラスタっぷりは加速していて、宍戸のミニアルバムも買ったし、忍足のキャラソンも聞きまくって耳が孕むってよくわからないけど言ってたし、安価なラジオを買ってラジプリも毎週聞いていたし、PS2の学園祭の王子様なんか氷帝キャラは全員攻略したし、最強チームを結成せよ!ではこれほとんど氷帝メンバーじゃんみたいなチームを作って遊んでいた。(もちろん他校にも好きなキャラはたくさんいるけど)

日吉の初のキャラソンRISE-下剋+上等-が発売された時はもう嬉しくてうれしくて。なんで一人だけキャラソン出てないんだよとか悶々としていた気持ちがふわっと晴れて、嬉しくてアニメイトに買いに走った。そういえばアニメイトデビューもテニプリだった気がする。あまりの嬉しさに、はじめて保存用と聞く用とかいって2枚のCDを買った。それくらいうれしかった。

そりゃあもう、何べんも聞いた。

内に秘めた日吉の情熱を感じた。普段彼が口にする下剋上の意味を理解した気がした。普段は生意気な声の日吉なのにこんなに爽やかに歌い上げてくれて岩崎さんまじでありがとうって思ったし、ますます日吉が好きになった。

 

>>RISE -下剋+上等- 岩崎征実 - 歌詞タイム

>>迷わない すべてをつかむまで

 

そういうところだよ、そういうところが大好きなんだよ、日吉。

 

 

***

 

漫画を読みながらテニプリのキャラソンを聞きまくる、みたいな生活をしていた頃だったと思う。100曲マラソンなるイベントが開催されると聞いて意気揚々と抽選に応募した。

けれど私は落選した、こういう運は普段からあまり良くない。すごく残念だった。どうしても行きたかったのだ。だって声優さんが生で歌ってくれるんだよ。テニス漫画なのに・・。なんじゃそりゃすごい行きたい・・・。

 

そんな私を見て、友人が昼と夜と両方当選したから昼をあげる、と言ってくれて。

私は初めてアニメイベントに行くことにしたのだった。

 

テニプリの連載が終了してしまって、それでもテニプリの熱は冷めなくて。

100曲マラソンは最高のイベントだった。

割と前の方の席で、よく見えたのを覚えている。

セットにもたれて座りながら歌うヤングがめちゃくちゃ面白かったし、正直ほとんどの曲を知っている自分にもびびったし、何より目の前でちゃんとみんな歌ってる。最高に幸せな空間だった。氷帝が出てきた瞬間ブワって鳥肌が立ったのを覚えている。感激して、興奮して、でも一人参戦だったから叫べなかった。心の中でずっと叫んでた。

 

岩崎さんの生歌がお上手で感激した。

日吉がいるって思った。

 

氷帝エタニティの不条理は最高に最高に最高だった。

かっこよかった。氷帝えろい、すごい、最高かよ・・・って唸ってた。

 

100曲マラソンは人生初のアニメイベント・一人参戦っていうどきどきの初体験だったけど私はとっても楽しかった。会場の外で待っててくれた母親に興奮しながら話して、一緒に帰った。

 

テニプリって最高だよ、

キャラソンってすげえな、

また行きたいな。

 

そう思った。

 

でもね、あれから一遍も行けてない!!!!!!

なんでかって全部落ちたり、受験で行けないなってなったり!!!!!

そんなんばっかりだよ!!!!!!!??????????

 

テニプリフェスタに名前が変わってから一回も行けてない。

運無さすぎかよ・・・。

 

とういうわけで先行抽選全落した私は今朝の一般でファイトしたけど、開始30秒で電話繋がったけどチケット完売だったよってそんなお話でした。

 

テニフェスはお願いだから会場広いとこでやろう!

やってくれ、頼みます。マジで。

 

小、中学生テニプリ謳歌していた私ももう社会人です。

中学以来イベント行ってないってことは…もう何年になるんだ…?

悲しみ。

 

あと、最近の日吉のキャラソン、ネタ曲多すぎるから何とかして。

 

テニプリフェスタ再来年(?)リベンジします!

その際は横アリかたまアリでオナシャス。